はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、53歳、会社員の男性。戸建てから戸建てへの住み替えを検討中の相談者。住宅ローン控除を活用しながら、いくらぐらいまでの物件まで手が届くか知りたいとのこと。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

家を建てたいのですが、大きな買い物なので不安もあります。いくらぐらいの物件までなら心配ないのでしょうか?

現在の金利を考えれば節税のために住宅ローン控除を使いたいので、できるだけ頭金を少なくして買おうと思っています。現在の自宅はローン残債300万円で、不動産屋に相談すると2,000万円くらいで売れそうとのことです。

車(BMW)の買い替えを考えていますので、1年後に500万円ほどは貯蓄が減ります。
子どもは独立したので教育資金等大きな出費の予定はありません。60歳までは現在の収入が続きますが、その後は半分になり65歳で終わりです。退職金は2,000万円ほどの予定です。将来的には実家の不動産を弟と相続しますので、半分売却すれば5,000万円にはなると思います。

【相談者プロフィール】
男性、53歳、会社員、既婚
同居家族について:妻、53歳(パート・手取り月8万円)
子ども:1人(25歳)、独立
住居の形態:持ち家(戸建て)
毎月の世帯の手取り金額:68万円
年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
毎月の世帯の支出の目安:40万円

【毎月の支出の内訳】
住居費:11万円
食費:5万円
水道光熱費:3万円
保険料:2万円
通信費:1万5,000円
車両費:1万円
お小遣い:15万円
その他:1万円

【資産状況】
毎月の貯蓄額:20万円
ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
現在の貯蓄総額:2,000万円
現在の投資総額:1,500万円
現在の負債総額:300万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ