はじめに

いよいよ「増やす」貯金へ

この貯めるをクリアできたらようやく「増やす」貯金です。ここには5年以上などしばらく使わないお金を貯める場所です。老後資金作りの投資などが含まれます。

相談者さんの場合は、全てを通り越していきなり「増やす」から始めているので、生活が窮屈になっています。今はお金が増えることに楽しみを感じているので苦痛を感じないのかもしれませんが、増やすお金を作るために生活を切り詰めすぎると、健康を害したり、社会的な信用が落ちてしまったりする可能性があります。ですので当面は投資を最優先するよりも、「今」と「近い将来」にも備えるように意識して貯金を作ることがよいでしょう。

投資は並走でゆっくりと

とはいえ、投資をあきらめることはありません。衣食住に関してきちんと支出し、自分という資本を強化させていく。残るお金で使う、貯める貯金を作り上げる金額を確保できたら、それ以外を投資に充てる。そういう計画でもいいでしょう。貯金額は一度にできるものではありませんから、毎月いくら積み立てて貯金すると決め、まずは足元を固めるのです。

今の暮らし方をみると、iDeCoやつみたてNISAは継続するけれど、それ以外の課税口座でさらに投資されている部分を貯金にまずは回し、貯金を作るというやり方でもいいように感じます。そして、ボーナスの残りを毎月にならしたり、昇給していく中で投資額を徐々に増やしていければ最強です。自分という資本を、強い資金にしていくのです。また、一時的な利回りの良さなどに一喜一憂する必要はありません。積立投資は長期的に投資をしていくものですから、良いときもあれば悪いときもあって当たり前。それよりも継続することが大切です。長く続ければ続けるほど、複利の効果でお金を膨らませ、資産形成ができます。そういう意味では貯金が出来上がる前から始められる、貯金と並走させた投資はやる価値があります。

これからご結婚するかもしれませんし、転職することもあるかもしれません。人生何が起こるかわかりませんが、投資を並走させつつも貯金の順番を守り、現金が持てるようになると、何が起きても対応していくことが可能になります。まずは強い環境で自分を作り、強い家計を作り、強い投資をする。それが安心した老後になることでしょう。 

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。