はじめに

iDeCoへの投資金額は毎月2万3000円、合計でも約607万円!

次に、つみたてNISAや、iDeCoについてご説明させていただきます。

「iDeCoは60歳まで下ろせないことが気がかり」ということですが、現在のお勤め先の場合、iDeCoに加入すると月額掛金は最大でも2万3,000円になるかと思います。つまり、38歳から22年間加入された場合、累計拠出金額は607万2,000円となります。

旅行代などを差し引く前の金額ではありますが、月額22万円ほどの黒字(資産形成)となっていますので、このうち2万3,000円が60歳まで引き出せない形になったとしても、生活上お困りになる可能性は低いのではないかと思います。iDeCoの掛金は全額所得控除になりますので、ぜひご検討いただければと考えます。

また、現在つみたてNISAも利用されていないということでしたら、そちらは非課税で20年間運用することが可能になりますので、iDeCoと併せてぜひご検討いただければと思います。

今回のポイントまとめ

以上、ポイントをまとめますと以下のようになります。
・現在の賃貸生活を継続された場合、30年後の資産総額は9,000万円を超える見込みです

・現在の収入に対するリスクやお母様の介護の可能性等を考えると、マイホーム購入の理由が経済的なものということであれば、賃貸のままでもよろしいのではないかと思います。

・iDeCoについては60歳まで自由に使えなくなるご懸念があるかもしれませんが、資産全体の割合や金額という意味では、今後の生活上不自由な思いをされるリスクは低いのではないかと思います。つみたてNISAと併せてご利用されてはいかがでしょうか。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。