はじめに

ポイントの貯まりやすさでは、一歩先行く「楽天カード」

【特徴】
・いつでも 1.0% の還元率
・カード入会特典 最大5,000円相当
・楽天市場での買い物はポイント3倍
・プリペイドカード型電子マネー「Edy」 搭載

楽天カードを使用する一番の強みは、ポイントを2重、3重、さらには4重に受け取ることが可能な点です。

例えば、楽天カードを使って、楽天Edyにチャージをするとします。その時点で、クレジットのポイントを受け取れます。

次に、ポイントモールを経由して、楽天市場で買い物をするとモールを経由したポイントを受け取れます。そして、その買い物を楽天edyを使用して支払いをすることで、edy決済のポイントを受け取ることができます。

最後に、楽天市場で買物をすることで、基本ポイントも受け取ることができます。

楽天市場では、期間限定のポイントアップ企画なども多いことから、さらにポイントを増やすチャンスが巡ってきます。加えて、楽天チェックアプリと連携すれば、普段行くお店に来店をすることで、ポイントを貯める仕組みもあります。

いま注目されている「ポイ活」を充実させる為には、無くてはならないカードと言えます。

通常ポイントの還元率が高い 「リクルートカード」

【特徴】
・通常 1.2% の高還元率
・カード入会特典  最大8,000円相当
・電子マネーへのチャージでも1.2%還元
・じゃらん、ホットペッパーなど、リクルート提供のサイト利用で、最大4.2%の還元
・Pontaポイントへの交換可能

リクルートカードの一番の特徴は、通常利用1.2%の高い還元率です。この一枚を、日常生活のメインカードにし続けた場合には、現金決済との差は大きく開いていきます。 また、リクルートカードはキャンペーン情報も魅力的です。

例えば、新規入会+利用で8,000ポイント、携帯電話料金の支払いで4,000ポイント、楽天ペイへの登録+利用で3,000ポイントなど、複数のキャンペーンを利用した合計ポイントは非常に大きなものになります。

リクルート系列のサイトをよく使う方や、モバイルSUICAや楽天edyなどの電子マネーをよく利用する方にとっては、大きなメリットになるでしょう。