はじめに

生活への密着型、色々なシーンで使える 「イオンカード」

【特徴】
・イオングループの対象店舗で貯められるポイントがいつでも2倍
・毎月10日は「ときめきWポイントデー」
・20日と30日はイオンの買い物代金が5%OFF
・電子マネー利用ではWAONポイントが付与
・イオンシネマがいつでも300円割引。毎月20日、30日なら1,800円→1,100円。

食料品、日用品の買い出しに良く行くスーパーで、コツコツとポイントが有利に貯められるなら、一番無理なく自然に貯められるでしょう。

また、キャッシュレス決済サービスであるWAONと上手に連携することで、より効率的にポイントを貯めることもできます。

例えば、イオン銀行を給与指定口座に指定したり、公共料金の支払いを設定することで、WAONポイントを毎月受け取る仕組みを作ることも可能です。

普段の買い物や公共料金の支払い、映画の鑑賞など、日常に根付いた使い方で得ができるカードの代表格と言えるでしょう。

豊富なショップが登録されたモールの利用でポイントW 「オリコカード」

【特徴】
・ポイント還元は常時 1.0%
・入会後、半年間は2倍の2.0%
・オリコモールの利用でさらに 0.5% + 特別加算 0.5% で最大2.0%
・amazon、楽天市場、yahooショッピングなど、モールには人気のショップが多数存在
・「iD」と「QUICPay」 2種類の電子マネーを搭載

オリコカードの特徴は、通常利用の還元率1.0%に加え、人気ショップの登録が多いオリコモールを利用した際ののポイント還元です。

amazon、楽天市場、yahooショッピングなど、通常利用の多いサイトが登録されているため、普段使いで2.0% 近い還元を受けることができます。

また、オリコモール経由で「ふるさと納税」を行うこともできるため、ある程度まとまったポイントを一度に受け取ることも可能です。

さらに「iD」と「QUICPay」の2種類の電子マネーが搭載されていることで、利用できる店舗の幅が広く、「現金を持つストレス」を限りなく遠ざけることができる1枚になるでしょう。

以上が主要カードの特徴です。


どのカードにも特徴があり、それぞれ強みは異なります。大事なことは、どれが自分に合っているか、自分の生活スタイルやライフデザインから、選択をすることです。ただし、年会費が無料だからと言って、メインカードを無駄に複数所有することは、かえってメリットを軽減させてしまうことにも繋がります。

無駄なく、無理なく、自然に貯まっていくポイントを上手に活用するため、自分にとって最適なカードを見つける参考になれば幸いです。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ

この記事の感想を教えてください。