はじめに

東京、埼玉、千葉、神奈川、群馬、長野、新潟に22店舗を展開する巨大魚屋、角上魚類。いずれの店舗も都心部にはないため知らない人は全く知らないお店ですが、一度角上魚類で買い物をするとスーパーでは魚を買えなくなってしまうほど。中には遠方から高速道路を使って角上魚類に通い詰める人もいるそうです。

なぜ、それほどまでに角上魚類が人々の心を掴んで離さないのでしょうか。それは魚の鮮度の良さ、価格の良さ、独自の仕入れ・流通によって実現する旬の珍しい魚の陳列にあります。

今回は「巨大魚屋・角上魚類の秘密を解く!」と題し、2回に分けて同店の中身と秘密について深く迫っていきたいと思います。


22店舗の年間売り上げの総額は破格の350億円!

「角上魚類」と聞くと、魚屋であることが容易に想像つきながらも、独特の語感がまず引っかかります。「魚の角上」でもなく「角上商店」でもなく「角上『魚類』」。肉の小売店やスーパーに置き換えれば「ハナマサ肉類」「ダイエー肉類」というような語感になるわけで、どこか無骨でB to B的な印象を覚えます。

しかし、角上魚類は完全なるB to C業態であり、冒頭の通り全国のスーパーに負けないほどのサービスを行うチェーンです。1976年の設立以来、営業を続けるごとに業績は右肩上がりに伸び続け、2019年度はついに年間売り上げ350億円を突破。22店舗の数字をザックリ平均化すれば、1店舗につき年間で15億円以上、月で1億2千万円以上を売り上げている計算です。

角上魚類で扱う魚の価格は総じてスーパーなどの小売市場よりも安価である一方、できる限り鮮度を守り丁寧なサービスが行われています。薄利多売で消費者にとって理想的な店であると言えます。

試しに刺身を例に見てみましょう。時期にもよって値段は変わるものの取材時は冬が旬のブリ、アジ、イカとまぐろの盛り合わせが580円(税別)。中トロが入ったマグロ尽くしが680円(税別)。いずれも厚切りの12切以上が入っておりスーパーはもちろん、回転寿司などの相場と見合わせてみても安いことがわかります。

本マグロだけのセット。スーパーではあり得ない値段です