はじめに

ハイスぺ男子総合研究所のメンバー

女性の社会進出が進んでいる昨今。夫婦共働きが当たり前になった現代において、「お金持ち男性と結婚して玉の輿に乗りたい」という旧態依然とした女性の結婚願望はすでに現実離れしたものとなっています。

実際に株式会社Parasolが運営する未婚男女のマーケティング研究機関「恋愛婚活ラボ」がマッチングアプリ「ペアーズ」に登録する男性人気会員トップ500人の年収を調査したところ、最も多かったのは「600~800万円(27.4%)」、続いて「400~600万円(24.9%)」という結果に。婚活女性が結婚相手男性に求めるリアルな年収が浮き彫りになりました。

一方で、平均年収5000万円以上の“ハイスペック男性(ハイスぺ男性)”の生態や恋愛観をリサーチして、彼らと出会いたい女性受講生を支援する恋愛婚活塾「ハイスペック男子総合研究所(ハイスペ総研)」なるアカデミーがあります。時代の真逆をいっているように見えるこの婚活塾について、主宰する株式会社はんなりの取締役・柿添あいさんに聞きました。


バリキャリ女性が立ち上げたハイスペ総研

――そもそも、「ハイスペ総研」とはどのような経緯でスタートしたのでしょうか。

柿添:2018年9月頃、とある投資コミュニティに入っていた私と総研所長の吉沢が立て続けに離婚をしたことがきっかけです。

吉沢はもともとエステサロンを経営していたのですが、前の旦那さんは仕事を潰してニート状態になってしまったことで離婚しました。その後は年収の高い男性のリサーチをしながら婚活をしていたところ、年収3000万円~4000万円の彼氏ができたんです。

一方、金融系の仕事をしていた私も吉沢の1年後に離婚。当時は子どもが二人もいる38歳でしたが、吉沢に相談して婚活を始めたら18人の男性と出会って全員から告白されました。

二人でこの経験をもとに多くの女性にアドバイスをしようと始めたのがハイスペ総研です。私も吉沢も仕事をバリバリこなしていて、旦那さんには専業主夫になってもらっても構わない状態でしたが、当人たちは家事育児をまったくやらなかったり価値観が合わなかったり。二人とも「私は一生懸命稼いでいるのに相手は何もしない」「毎日の楽しみや価値観が合わない」となったことが離婚の大きな要因でしたね。