はじめに

保険料と通信費を見直して

毎月の家計支出15万円の内訳を拝見すると、保険料が5万円、通信費が2万円、水道光熱費が3万円と固定費の大きさが目立ちます。それに対して、1カ月の食費が2万円、お小遣いが2万円と、あまり遊んだりせずに堅実に暮らしていることが伝わってきます。

保険料の5万円には、国民健康保険料や年金保険料なども含まれているでしょうか? 社会保険料は会社から天引きされていて、ここで書いていただいた保険料5万円がすべて民間の保険会社への支払いだとしたら、これは支払いすぎです。ひとり暮らしの場合、優先すべきは医療保険。がん保険などもあってもいいと思いますが、死亡保険はお葬式代程度を終身保険で備えておくか、預貯金で確保していれば十分です。掛け捨ての死亡保障は必要ありません。保険を見直してその分貯蓄に回しましょう。

通信費2万円も、1万円以下に減らせそうです。家庭用のWi-Fiがあるなら格安スマホは通信量を抑えた安い料金プランが選べますし、スマホが中心ならばWi-Fiそのものを辞めてしまうこともできるでしょう。

水道光熱費もおひとりで3万円は高いですね。一戸建てだと狭いアパートに比べて電気代等はかかる傾向にありますが、電気やガスの料金プランを自分の生活時間にあわせて見直すことでもっと安くできるはずです。「電気料金 比較」「ガス料金 見直し」などのキーワードで見直しプランを検索してみてください。

見直しができたら楽しみにお金を使って

こうして支出を見直したら、たまには美味しいものを食べにいったり、ファッションにお金を使ったり、普段行かない場所に遠出をしてみたりしてください。普段と違うところに目を向けて、自分の新たな一面を発見し、毎日の中に楽しさを見出しましょう。

新たな趣味や資格取得に挑戦するのもお勧めです。職場以外の場で友人ができたり、新たな趣味に打ち込めたりしたら、仕事のストレスも緩和されますし、達成感も得られます。資格が将来の転職に役立つこともあるでしょう。

固定費を見直せば数万円のお金が浮きます。現在の8万円の貯蓄は維持するとして、固定費の見直しで浮いたお金は新たなチャレンジや楽しみに回してみてください。明日からの毎日が少しずつ変わってくることでしょう。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

この記事は参考になりましたか?