はじめに

子どもが小さい時がお金の貯め時

子どもが小さいうちは、そんなにお金がかからないため、まだ家計に余裕があります。その分、スイミングや英語、ピアノ、運動教室など、あれもこれもと習い事をさせてしまう家庭も多いかもしれませんが、子どもが成長するにつれてお金のかかり方は加速します。

とはいえ、ひとくちにお金がかかるといっても、子どもの進学コースによってもかかるお金は全く違います。

参考までに幼稚園から大学まで、オール公立の場合には、子ども1人につき約1,000万円ですが、オール私立の場合には、子ども1人につき約2,500万円程度かかります。

最近は、首都圏の高年収世帯を中心に私立受験をさせる家庭が増えているようですが、仮に子どもを中学から私立に通わせようとした場合、小学校4年生から6年生までで塾代が総額300万円程度かかります。また、その後の学費で月額10万円程度はかかるでしょう。

教育費準備の考え方として、子どもが高校を卒業するまでの学費は家計からやりくりし、大学の学費は、子どもが18歳になるまでに、300万円〜500万円を準備するというのが基本です。

ですから、中学、高校と子どもが私立に通う場合には、家計から教育費として月額10万円程度を捻出することができるかどうかが私立に通うことができるかどうかの目安になります。

いくら年収600万円稼いでいるといっても、私立の学校に通う場合には、子どもが小さいうちから、計画的にお金を貯めておかないと、家計が圧迫されてしまう可能性は高いでしょう。