はじめに

投資の一つとしての不動産投資が話題に上るようにしなりました。不動産投資では専用のローンを借りる場合が多いのですが、もし返せなくなってしまったらどうなるのでしょうか。また、もし本人が亡くなってしまった場合はどうなるのでしょうか。

私は銀行の現場で、実際にローン返済に苦しむ人も見てきました。銀行員として直接対応をしてきた立場から対応策を語っていきます。


不動産投資ローンが返せなくなる二つのケース

家賃が思うように入らず、収支に行き詰まり返済ができなくなった場合と、借りている本人が死亡した場合、2つのケースで説明します。

まず、不動産投資ローンと住宅ローンの違いを説明します。というのも、不動産投資ローンは投資であり、かつ事業でもあるからです。

アパートを数棟持つ富裕層も、マンション1室から始めるサラリーマン不動産投資家の人も、皆さん不動産賃貸業として事業の確定申告が必要になります。同じ投資でも証券投資やFXなどと決定的に違うのがこの点です。不動産投資は事業であること重要です。

住宅ローンは自宅を手に入れるためのローンであり、他のローンとは一線を画し税制面なども優遇されています。また返済が困難になっても、銀行など金融機関はリスケに柔軟対応をしてくれるなど、住宅ローンは特別扱いの一面があります。

しかし、不動産投資ローンは事業であると銀行も認識しています。したがって、返せなくなることは事業に失敗したと見なされ、住宅ローンのように優遇はしてもらえないのです。

返せなくなったらどうなる?~1.延滞、差し押さえ、そして競売

ローンの返済が滞れば延滞となります。延滞が重なり長期化すれば、担保にしていた不動産が差し押さえとなり、そして競売に進みます。
不動産投資ではこれら、すべて現実に起こる事柄です。投資の一手段としての不動産投資ですが、他の投資(株式、投資)のように損したら解約すれば終わり、とはなりません。

もし自己資金があるなら、返してしまえば終わりです。返済の手続きや担保の解除など、多少の手間は残りますが、それでも問題は完結します。複数物件で不動産投資をしている人は、セーフティーネットとしてこういった事態に対応できるキャッシュを持っている場合も多く、まさに投資と言える側面です。