はじめに

給付金を知って老後の生活に活用

雇用の機会が70歳に延長されることによって、「自分はいつまで働きたいのか」を考える必要が出てきました。今まで以上に柔軟な働き方ができるようになりそうですね。働くこと以外にも会社で雇用されることによって、雇用保険の被保険者の要件を満たせば、受給できる給付金があります。

家族に介護が必要であれば、「介護休業給付金」が利用できますし、スキルアップを目的にすれば「教育訓練給付金」も活用できます。雇用が延長されたことを機会に、会社員が利用できる制度にも目を向けて、老後の生活に活かしましょう。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。