はじめに

教育費支援制度をチェックしましょう

これからの支出として気になるのが、2人の子どもの教育費ではないでしょうか?

公立高校に加えて、私立高校においても無償化がスタートしました。対象となるのは、公立・私立ともに年収910万円未満の世帯であり、公立では授業料の一部として11.88万円が支援されます。公立の学校の場合は支援額で賄えますので、実質無償化となっています。

私立高校の場合も11.88万円が授業料の一部として支援されていますが、所得によって支援額は違います。私立の場合、実質的に無償化となるのは、年収590万円未満の世帯です。利用するには、学校へ所定の書類を提出します。

大学などの高等教育の支援制度も拡充しています。世帯年収で対象になるかが変わってきますが、どのような支援が受けられるのかを把握し、受給漏れがないようにしましょう。結果的に、支出が抑えられますよ。

どのような生活を送りたいのかも考えてみよう

貯めることも大切ですが、どのような生活を送るのかを考えておくと、モチベーション維持に役立ちます。折に触れてどのようなライフスタイルが良いのか、夫婦で少しずつ話し合っていくと良いでしょう。目標が無ければ迷いが生じます。頑張ってくださいね!

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。