はじめに

超低金利時代のメリットとして、例えば住宅ローンを低い金利で借り入れることが出来ることが挙げられます。一方で、銀行に預け入れたお金がなかなか増えない、というデメリットも存在します。

そのため、お金を増やすための方法として、iDeCoやNISAといった投資運用制度が整備されてしばらく経ちますが、なかなか「投資・運用」に対して、踏み切れない方も少なくありません。

そのような場合、運用商品に比べれば利率は下がるかも知れませんが、元本が割れるリスクが無く、また普通預金よりも金利の高い、「定期預金」を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

今回は、ネット銀行における最新の「定期預金の金利」について、解説をしていきます。


ネット銀行と大手都市銀行、定期預金の金利を比べると

定期預金の金利は、大手都市銀行とネット銀行ではどのくらい違うのでしょうか。ゆうちょ銀行をはじめ、大手都市銀行の定期預金金利は、およそ0.001%~0.002%ですから、下記リストの上位5社と比べてみると、2桁ほどの違いがあるのが分かります。

そもそも、なぜネット銀行は市中の銀行に比べて金利を高く設定することが出来るのでしょうか。それは、純粋にコストを低く抑える事が出来るからです。店舗の数を極めて少なくすることで地代を抑え、従業員スタッフの人数を最小限にすることで人件費が抑えられます。

その一方で、店舗での細やかな対面サービスが受けられない事や、電話サポートの繋がりにくさなどは否めませんが、そもそも「寝かせておく資金」に対しては、それらのサービスの有無は優先順位の高いものではありません。ネット銀行を利用することは十分に検討の余地があるでしょう。