はじめに

(2)純金積立・金ETF

金は、昔から「有事の金」などと呼ばれます。株や債券とは違って、金はそのものに価値があるため、安全な資産だと考えられているからです。実際に、何か問題が発生すると、株や債券が売られる代わりに、金が買われる傾向があります。つまり、株や債券とは違った値動きをするため、分散投資の役に立つのです。

金に投資する方法でもっとも手軽なのは純金積立。毎月一定額を積み立てて、金の現物に投資していきます。SBI証券・楽天証券・マネックス証券などのネット証券でスタート可能。いずれも毎月1000円という少額から積み立てができます。

もっと手っ取り早く金に投資するなら、金ETFを購入するのもいいでしょう。金ETFは、金の価格と値動きが連動する投資信託です。注目は「SPDRゴールドシェア」。1口約2万円から低コストで金の値動きの力を利用できます。

金ETFも、SBI証券・楽天証券・マネックス証券などのネット証券で購入可能です。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介