はじめに

(3)米国ストリップス債

国がお金を借りるために発行する債券のことを国債といいます。国債を持っていると、あらかじめ決められた利息を受け取れます。また、返済期限(償還日)がきたら貸したお金(額面金額)が返ってきます。

日本も国債を発行していますが、おすすめはここでも米国の国債、米国債です。

米国債の格付け(債務の支払い能力を格付け会社が評価した指標)は日本の国債よりも高くなっています。そのうえ、米国債のなかには年1%以上の金利が受け取れる商品も。日本の個人向け国債の金利は下限の0.05%が続いていることを考えると、高金利です。

しかも、2020年2月から3月にかけて新型コロナウイルスのリスクが表面化すると、株価は下落しましたが、米国10年債の価格は上昇(=債券の利回りが下落)。これは、株と債券を組み合わせることで、値下がりのリスクが少なくできたことを表しています。

米国債には、持っている間一定の利息が得られ、満期になると投資した元本が戻ってくる「利付債」と、額面より安い金額で割引販売され、満期になると額面の金額が受け取れるストリップス債があります。

このうち、おすすめはストリップス債です。ストリップス債は持っている間の金利が支払われずに元本に組み込まれていきます。そのため、複利効果を生かしやすいからです。

SBI証券・楽天証券では100ドル、マネックス証券では1,000ドルから米国債を購入できます。取り扱いのある利付債・ストリップス債の本数や利回りは、証券会社によって異なります。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介