はじめに

つみたてNISAの非課税期間が終了したらどうする?

つみたてNISAでは、投資した年から20年が経つと、非課税期間が終了します。よく勘違いされますが、非課税期間が終了したら、すぐに口座にある資産を売却しなければいけないわけではありません。

投資から20年が経過すると、非課税期間が終了したものから順々に課税口座に資産を移されます。よって、課税口座(一般口座または特定口座)で運用を続けることができるのです。
課税口座に移った分は、値動きを見つつ、売却していきましょう。その際はここまでに説明した売却タイミングを参考にしてください。


著書「はじめての資産運用」より

つみたてNISA終了後も一度に売却するのは避けましょう。売却価格を安定化させる狙いもありますが、資産寿命を伸ばすという観点でも大切です。

たとえば、1000万円の資産を一度に売却してしまい、毎月10万円を取り崩して生活費にあてると、1000万円÷10万円=100カ月となり、わずか8年4カ月で資産が尽きてしまいます。

しかし、一度に売却せず年利5%で運用しながら毎月10万円を取り崩していくと、11年もたせることができます。「資産寿命」を延ばすためにも、非課税終了後は一度に売却せず、運用を続けるのがおすすめです。