はじめに

5年後の金融資産は合計3500万円以上に

ご相談者さんの素晴らしいところは、これまでしっかり貯金を貯めてきたところですね。現在、貯蓄が1,710万円、投資が462万円(株式68万円、NISA94万円、持株会300万円)、このほか先ほどの貯蓄とは別に300万円もお持ちです。これらをすべて合計すると現在、2,472万円の金融資産を所有していることになります。

マンション購入予定の5年後までに、貯蓄はさらに増やせます。

現在の家計の状況を見ると、毎月2万円の積立と、つみたてNISAに2万8,000円の投資をしているので、月々4万8,000円ずつ積立が増えていきます(投資の損益は考慮していません)。

ボーナス80万円からの貯金は現在10万円となっています。ですが年間の特別支出は13万5,000円ですから、それ以外を貯金に回すことができれば、66万5,000円を貯めることができるはずです。

月々の積立とボーナスからの貯蓄をあわせると、ご相談者さんは年間で4万8,000円×12カ月+66万5,000円=124万1,000円ずつ貯蓄できる計算となります。これは5年間で124万1,000円×5年=620万5,000円になります。

また、これから5年間でお父様から合計500万円を受け取る予定がありますね。これらをすべて合わせると、ご相談者さんの金融資産は5年後に、3,592万5,000円となる見込みです(設備投資から今後15年間で回収予定だという450万円については、内容が不明のため未計上としています)。

手取りは17万円、一人暮らしは成り立つか

5年後に3,500万円以上の金融資産というと一見余裕がありそうに見えますが、ご相談者さんの場合は、手取り17万円の月収でひとり暮らしをしようとしているところに不安材料があります。

現在しっかりと貯蓄ができているのは家族と同居しているからで、一人暮らしを始めた後は、住宅ローンの返済のほか、管理費や修繕積立金、水道光熱費の支払いも始まりますし、食費も今以上にかかってきます。

今後の暮らしの見立てを立てるため、ひとり暮らし後の管理費・修繕積立金を合計2万円、水道光熱費を1万円、食費は現在1万2,000円ですが、ひとり暮らし後は月額3万円と仮定して計算してみましょう。

マンションについては、ここでは仮に3,000万円の物件を、頭金を1,500万円用意して、残りの1,500万円を金利1%で20年返済したと仮定します。この場合、1カ月あたりのローン返済額は約6万9,000円になります。

この前提に基づいて、購入前と購入後の毎月のお金の出入りを図表にまとめてみました。

1