はじめに

「短期・中期・長期」の時間軸で貯蓄バランスを整える

転職前は一人暮らしをされ自由にお金を使っていたそうですが、意識せずとも1,000万円を超える資産形成をされたことは素晴らしいです。

収入が下がってからは支出を見直し、ずいぶんスリム化されたのですね。大きく膨らんだ家計をコンパクトにするのは大変なこと。よく頑張りました。その一方で過度の節約から心を痛めている現状もうかがえます。日々の暮らしも楽しめるよう「短期」「中期」「長期」の3つの時間軸にそって貯蓄バランスを整えていきましょう。

現在の貯蓄残高を3つの時間軸に当てはめよう

まずは、現在の貯蓄残高を3つの時間軸に当てはめてみましょう。

例えば、投資分を含まない750万円のうち短期に200万円、中期に550万円、投資総額の370万円を長期に使うお金に振り分けます。その上で、将来が不安であれば「長期」のお金をいくら準備するかを明確にしていきます。

ただ闇雲に貯めるのではなく、ライフプランに沿って必要な金額を貯めていきましょう。