はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、40歳・会社員の女性。41歳の夫と2人の子どもをもつ相談者。老後資金づくりに向けてiDeCoとNISAに興味があるようですが、どのように活用すればいいかわからず踏み出せないといいます。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

妻40歳・夫41歳の共働き家庭です。老後資金を貯めたいと思っていますが、わが家でもiDeCo・NISAを活用したほうがいいでしょうか? そこまで余剰資金があるわけでもなく、勇気も出ません。夫と妻の確定拠出年金、持ち株は投資になるのでしょうか?(毎月2万程度)

現在の世帯の手取りは月収は57万円、年間の手取りボーナスは160万円。毎月の支出は50万円ほどで、毎月5万円と児童手当分を貯金に回すことができています。ですが、2024年頃持ち家手当がなくなるため、月収5万減予定。

住宅ローンの残債は2,500万、返済期間は残り25年です。

【相談者プロフィール】
・女性、40歳、会社員(時短勤務)、
 手取り月収約27万円、手取りボーナス約80万円
・夫/41歳、会社員、手取り月収約30万円、
 手取りボーナス約80万円(業績による)
・子ども/5歳(年長)、8歳(小3)
・家族の介護は今のところなし
・毎月の世帯の手取り金額:57万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:160万円
・毎月の世帯の支出の目安:約50万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9万5,000円
・食費:10万円
・水道光熱費:不明(記載なし)
・教育費:1万5,000円
・保険料:10万円(年払い用月額按分)
・通信費:2万5,000円
・車両費:7万円(ガソリン、高速)
・お小遣い:3万円(夫月収の1割)
・その他:交際費など2万5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5万円+児童手当全額(年24万円)
・ボーナスからの年間貯蓄額:150万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,200万円
・現在の投資総額:夫&妻の確定拠出年金、持ち株は投資?(毎月2万程度)
・現在の負債総額(住宅ローン):2,500万(購入額3,380万、借入額3,300万、
 変動金利0.875%、妻名義、35年ローン→65歳まで支払い)
・退職金:夫、妻ともにあり(額不明)
・年金:夫28歳~、妻23歳~会社就職

渡邊:こんにちは、ファイナンシャルプランナーの渡邊です。子育て世代の老後資金準備のご相談です。

お子さまがまだ小さかったり、住宅ローンを組んでいると、どうしても教育費準備や住宅ローンの繰上げ返済に意識が向かいがちですが、必ずやってくる老後の準備も重要です。ご相談者は、老後資金準備にiDeCoやNISAを活用するべきか悩んでいるようです。iDeCoやNISAの特徴を整理しながら、効果的な活用について考えていきましょう。