はじめに

■基礎控除

所得控除には納税者それぞれの状況に応じたものがありますが、基礎控除はすべての人が対象、と思いきや所得によって控除される金額が異なります。

年収が2,400万円以下なら48万円ですが、2,400万円を超えると減額され、2,500万円を超えるとゼロになります。収入が高額になると、控除額が減るので所得金額を減らせず、所得税が高くなります。

■配偶者控除

配偶者控除は、配偶者を扶養していると受けられる控除です。配偶者の所得は年間48万円以下が条件ですから、給与収入なら103万円以下です。

控除の金額は、配偶者を扶養している納税者本人の年収によって異なります。納税者の年間所得が1,000万円を超えると、控除は受けられなくなります。

納税者本人が会社員で収入が給与のみの場合、年収1,195万円(給与所得控除が195万円)を超えたら配偶者控除はゼロになります。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ