<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、45歳、専業主婦の女性。住宅ローンを組んでから、全然貯金ができていないことに気づいたという相談者。パートで働くことを考えていますが、そのほかにやるべきことは? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

子どもが2人いる専業主婦です。

家計を預かり、今までなんとなくやってきました。最近、相続で受け取った800万円のうち500万円を頭金に入れ、マンションを購入し、住宅ローンを組むことになりました。そこでお金の面をいろいろ見ているうちに、全然、貯金ができていないことに気が付きました。

それに気が付くと、このまま住宅ローンを支払いながら、教育費や老後資金などを貯めていけるのか、不安になってしまいました。

住宅ローンの支払いが始まってから、収支は赤字だと思います。子どもが幼稚園に入ったら、パートなどに出て家計を助けられたらとは思っているのですが、そのほかやるべきことを知り、家計を黒字に改善できるようにしていきたいです。

【相談者プロフィール】
・45歳、専業主婦
・夫(45歳、会社員)、長男(小1)、長女(3歳)
・手取り収入(夫):月収33万2,000円、年間ボーナス約90万円
・預貯金:400万円
・毎月の支出の目安:40万8,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:12万1,000円(住宅ローン+管理費+ 駐車場代)
・食費(外食含む):9万8,000円
・水道光熱費:2万4,000円
・通信費(スマホ3台):2万円
・生命保険料: 1万3,000円
・日用品代:1万円
・医療費:4,000円
・教育費(長男塾):2万7,000円
・自動車関連費(維持費):2万1,000円
・交通費:0円
・被服費:5,000円
・交際費:4,000円
・娯楽費:8,000円
・こづかい:4万円
・その他:1万3,000円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ