はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、29歳、会社員の独身男性。なんとなく入社時に貯め始めた貯蓄が1,000万を超えたという相談者。つみたてNISA、iDeCo、企業型確定拠出年金の余剰金を運用したいといいますが、どんな方法がよいのでしょうか? FPの高山一惠氏がお答えします。

目的を持たず、なんとなく1,000万を貯めようと入社時に考え、29歳の今、投資信託300万、預金700万円に到達しました。

つみたてNISAやiDeCo、企業型確定拠出年金を利用したうえで、毎月の余剰資金が3〜5万ほどあり、手元にある預金700万円も含めて今後の運用をどのように行えばよいかアドバイス頂きたいです。

【相談者プロフィール】
・男性、29歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(愛知県・一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:26万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:110万円
・毎月の世帯の支出の目安:13万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:6万円
・食費:2万円
・水道光熱費:1万円
・保険料:3,000円
・通信費:2,000円
・お小遣い:1〜2万円
・その他:0〜6万円(結婚式など)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:7万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:20万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):700万円
・現在の投資総額:300万円
・現在の負債総額:0円

高山:ご相談ありがとうございます。家計を拝見すると、とても堅実に暮らしていらっしゃいますね。資産運用についても着実に実行されていて、既につみたてNISA、iDeCo、企業型DCも利用した上で、毎月の余剰資金があるとのこと。29歳にして資産も1,000万円あり、素晴らしいです! 今回は、つみたてNISA、iDeCoをやってもまだ家計に余裕があるという場合の「次」の投資先とまとまった資金の運用についてお話したいと思います。