はじめに

どのくらい投資にまわしていけるかはお金を4つに分けて考えましょう

今後のライフイベントを考えた上で、「どのくらいのお金を投資にまわしていけばよいのか」という点については、次のように整理してみるとよいでしょう。

2

現在はご実家で暮らされ、生活費は月々約10万円ということですので、「ふだん使うお金」と「とっておくお金」としては、合計して100万円程度あればよいのではないかと思います。

左下の「もうすぐ使うお金」が今後5年以内に必要となるライフイベントに向けたお金です。ご相談者様の場合、ご結婚に関連する費用ということになるかと思います。新婚旅行と新生活に向けた準備のお金を確保しておいていただければと思います。

現在お持ちの資産から、「ふだん使うお金」「とっておくお金」「もうすぐ使うお金」の3つを差し引いた残りが、「老後に使うお金」ということになります。この「老後に使うお金」のうち一部を投資に振り向けていただくのがよいと考えています。

実際には、このお金すべてを老後に使うのではなく、お子様の教育費やマイホーム購入など、他の用途で使っていくことにもなると思いますが、現時点ではそれらの時期や金額が明確でないので、一旦は「老後に使うお金」という形で整理しておかれるとよいと思います。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう