はじめに

勤続年数5年以下の従業員に対する退職金控除の計算方法の改正

退職金の税金計算において、変更になった部分は次の通りです。

退職所得控除の改正要件

来年以降の転職について、「勤続5年以内」で受け取る退職金は、現行制度よりも納税額が増えるケースがあることになります

イメージにすると以下の通りです。

■来年以降、勤続年数5年で、 退職金が600万円だった場合

■上記と同じ条件を、現行制度で計算した場合

比較的、短期で転職を繰り返し、その都度、退職金を受け取ることができる場合には、勤続年数が長い方に比べて、納税額が大きくなる傾向にあることが分かります。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ