はじめに

最後に

FIREは、「働いても良いし、働かなくても良い自由」を手にすることです。「絶対に働かない」ということではありません。

今回は5種類のFIREを紹介しましたが、「こうでなければFIREではない」というものではないので、自分に合った自分らしいリタイアメントを考えてみると良いでしょう。

また、人生の変化や想定外のことが起こった場合に、柔軟に受け止めて新たな収入を働いて稼ぐなどの選択肢があったほうが、人生を謳歌することに繋がります。

自由であるということは、固執せず、しなやかに変化に対応することでもあります。生き抜く力は常に持っていたいので、FIREで勝ち得た時間を元手に、さらなる柔軟な人生を得るための自己投資が重要になると思います。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。