はじめに

投資で目減りを防ぎ、プラスアルファの増収も

貯金の1,700万円は、貯金で持っているとインフレの影響を受け、95歳までの30年以上の間に、価値が下がってしまう可能性があります。お金の価値が目減りしてしまうのです。それを防ぐために、リスクが少ないインデックスファンド等での投資をすることも良いと思います。60歳はまだお若いですし、2022年5月からはiDeCoを始めることが可能な年齢でもあります。さらなる将来へ向けて、抵抗がなければ投資を取り入れることも検討してみましょう。

この年代で始める投資は、まとまったお金を投じる投資よりも、毎月コツコツ積み立てる投資が向いています。いくらくらいをどのような特徴の商品に投資するとよいかは、勉強しないとわからないことですが、学ぶ方法はたくさんあります。書籍を読むのもよいですが、やはり判断に迷うことも出てくるでしょうから、投資教育をしているFPなどに相談に行くと良いでしょう。有料ですが、自分で投資をしていくことになるので、手数料がかかることはありませんし、何に投資をしているかわからないということも起こりません。

投資をすると、お金の価値の目減りを防ぐだけではなく、利益を得られる可能性もあります。無理のない範囲で投資をし、豊かな老後を目指していただいても良いのではないかと思います。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう

この記事の感想を教えてください。