はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、48歳、会社員の男性。48歳で住宅ローンを組んだ相談者。完済予定は80歳。ローンを支払いながら、3歳と11歳の子どもの教育費を賄えるのか心配されていますが……。FPの渡邊裕介氏がお答えします。


48歳で2,850万円の住宅ローンを組みます。3歳と11歳の娘がいますが、これから2人の学費が貯められるか心配です。ちなみに今現在は毎月赤字です。

住宅ローンは物件購入額3,300万、借入金2,850万、金利0.9%、返済期間32年、3カ月後スタートです。

【相談者プロフィール】
・男性、48歳、技術職 
・妻(パート)、娘2人(3歳、11歳)
・住居の形態:賃貸(宮城県)
・毎月の世帯の手取り金額:36万円(夫23万円、妻13万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:150万円(夫100万円、妻50万円)
・毎月の世帯の支出の目安:39万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万円
・食費:11万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:5万5,000円
・保険料:2万1,000円
・通信費:1万5,000円
・車両費:2万円
・お小遣い:4万円
・その他:2万9,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,300万円
・現在の投資総額:0円
・現在の負債総額:2,850万
・ボーナスからの年間貯蓄額:16万円
・老後資金:公的年金不明
・退職金:1,000万

渡邊:こんにちは、ファイナンシャルプランナーの渡邊です。これから組む住宅ローンを返済していく中での教育費準備のご相談です。現在の生活は毎月赤字で、ボーナスから補てんしている生活のようです。教育費として、いつまでにいくらを準備する必要があるかを整理しながら、生活費と貯蓄のバランスを考えていきましょう。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ