はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、48歳独身の会社員の方。現在、貯金500万円、住宅ローン3500万円という資産状況の相談者。老後資金が足りるのか心配だといいますが、プロの家計診断の結果は? 老後資金を増やすために今後何に取り組むべき? FPの横山光昭氏がお答えします。


独身です。将来に向け、貯金がもっとできる家計になりたいと思っています。毎月の家計は一応黒字で、貯金は約500万円ありますが、老後のことを考えると心配でなりません。

会社には退職金制度はありませんが、企業型の確定拠出年金(DC)をしており、ほぼ、定期預金にしています。この状況でよいのかなとも思っています。

また、年金生活に入ると住居費の負担が大変だろうと思い、3年半ほど前にマンションを購入しました。借金はこの住宅ローンだけです。

ボーナスは、年間で30万円くらいを洋服代に、16万円くらいが固定資産税、20万円強を帰省費に使っており、半分も残りません。でも、残りは貯金しています。自分では、良かれと思ってこのようにしていますが、本当にこれでよいのか、老後資金は足りるのか、不安です。アドバイスをいただければと思います。

【相談者プロフィール】
・48歳、会社員、独身
・手取り収入:月収43万6,000円、年間ボーナス約100万円
・貯金:約500万円
・DC:金額不明
・住宅ローン:残債約3,500万円、金利1.2%、完済74歳
・毎月の支出の目安:38万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン+管理費):14万5,000円
・食費(外食含む):5万3,000円
・水道光熱費: 1万5,000円
・通信費(スマホ1台・ネット回線):9,000円
・生命保険料:5,000円
・日用品代:1万4,000円
・医療費(サプリ): 4,000円
・教育費(ジム・料理教室など):5万1,000円
・交通費:1万5,000円
・被服費: 3,000円
・交際費: 1万5,000円
・娯楽費: 5,000円
・その他: 4万6,000円

横山:お金はある程度貯められているようにも思うのですが、老後資金がご不安なのですね。退職金がないこともその一因でしょうか。今からでもできることはありますから、今後何に取り組むか、考えてみましょう。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介