はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、42歳独身、公務員の女性。一年でも早くセミリタイアをしたいという相談者。iDeCoとつみたてNISAの次にどのような投資を行えばいいか知りたいといいます。今後の投資戦略は? FPの薮内美樹氏がお答えします。


iDeCo、つみたてNISAを満額している場合の、次に行う資産運用について教えてください。

現在、iDeCoとつみたてNISAを上限額まで積み立てています。結婚を諦めたので、今後大きなライフイベントというのは特にありませんが、あまり仕事が好きじゃないということもあり、効率よくお金を貯めて、定年より1年でも早くセミリタイアを希望しています。

また、現在は一人暮らしをしていますが、両親(父71歳、母66歳)は二人とも働いているくらい元気なものの、どちらかが亡くなったら実家に戻ることも考えています。妹がいますが、結婚して家を買っているため、おそらく実家マンションは自分が相続することになり、現時点で築25年のため、いずれ必要になるであろうリフォームも費用を出すことになると思います。

親の介護費用1,000万、リフォーム費用500万を含めて6,500万が目標額です。定期預金や普通預金を取り崩しての投資信託購入が候補になってくるかと思いますが、どのように運用するのが一番効率的でしょうか。なお、この金額だけでは老後資金を賄えると思えないので、セミリタイア後は、パートやアルバイトで生活費分(月10~15万円)を稼ぐことを考えています。


【相談者プロフィール】
・女性、42歳、公務員、独身
・住居の形態:賃貸(関東、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:37万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:110万円
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万円
・食費:2万円(外食込み)
・水道光熱費:1万円
・保険料:4,000(医療保険)
・通信費:4,000円
・お小遣い:2万3,000円(交際費込み)
・その他:実家へ5万円、消耗品5,000円、医療費1万円、美容費4,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:17万円(すべて普通預金) 
・ボーナスからの年間貯蓄額:110万円 
・つみたてNISA:月3万3,000円
・iDeCo:月1万2,000円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):2,400万円(ネット銀行定期預金920万円、銀行普通預金880万円、生命保険ドル建て終身保険払い込み満了600万円)
・現在の投資総額:つみたてNISA 40万円(インデックス投資信託)、iDeCo57万6,000円(インデックス投資信託) ※編集部注 ボーナスから捻出していると推察
・現在の負債総額:0円
・公的年金:月9万円(最新のねんきん定期便より)
・退職金はあるが金額不明

薮内:今回は、ご両親の生活費や介護費の支援まで考慮してライフプランを考えておられる、親思いのシングル女性からのご相談です。ご本人は、セミリタイアを目指し、つみたてNISAやiDeCoなど、運用にも取り組んでおられるそう。今後、リタイアするまでの十数年間で、どのような運用を目指す必要があるのか、キャッシュフローをもとにアドバイスさせていただきたいと思います。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう