はじめに

老後資産はどう貯める?

学資と老後資産は、引き出す時期が別になるので、運用手法を分けて考えるといいでしょう。学資は既に現金であるのでそのまま充てるか、運用する場合はジュニアNISAがいいでしょう。つまり、学資にはこれ以上追加で積み立てなくていいことになります。

学資用資産と生活防衛費(何かあっても生活をしばらく維持するための費用=生活費3〜6か月分が目安)を残し、後は「老後のための資産形成」に回すのはいかがでしょうか。ご相談者様はつみたてNISA、iDeCoを活用して運用しているので、それ以上の余剰金は日々の生活を充実させるために使ったり、さらに老後資金を充足させるために課税口座でも運用してみてもいいでしょう。

資産形成は充足している様に感じますが、それでもお金のご相談をいただくということは、「どこかに不安がある」からだと思います。ご相談者様の不安の根源は「把握力が足りない」と考えられます。現在の支出状況をしっかりと把握して、いつまでにいくらの資産を作ればよいかを考えながら、余剰なお金は「今」を充実させるために気持ちよく使えるようになると、生活の充実度も高めながら不安のない人生となると思います。

どこか参考になれば幸いです。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。