はじめに

新築ワンルームマンション投資で注意すべきこと

最後に簡単ですが、新築ワンルームマンション投資特有のリスクについて少しコメントさせていただきます。

●中古ワンルームマンションと比べると物件価格が割高であることが多いため、実質利回りをしっかり確認しましょう。長期的な空室率や家賃の下落率も考慮することが大切です。
●新築時は修繕積立金が低めに設定されていることが多いため、将来的に引き上げられる前提で長期的な収支予測を立てましょう。
●投資した資金の回収タイミングはローン完済後なのか、途中の段階で売却を想定されるかで変わってきます。経年により物件価格は一般的に下落していきますが、その価格変動リスクは中古に比べて新築の方が高くなります。

新築ワンルームマンションが一概に悪いとは思いませんが、投資として考えた場合にはあまり利益が得られない可能性が高いと考えています。ぜひしっかりと検討した上で、決定していただければと思います。

今回のポイントをまとめると…

以上、ポイントをまとめますと以下のようになります。

●投資の基本はリターンを得ることです。節税目的と言われ割高に買ったりしないようにしましょう。
●今回の投資から得られるリターンが実質利回りで何%か確認しましょう。
●投資する物件を、人生のどの段階で使っていくか、活用していくか、ライフプランと合わせて考えていきましょう。
●新築ワンルームマンション特有の注意事項を確認しておきましょう。

ご参考としていただけましたら幸いです。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]「正直、不動産ってどうなの?」投資、住宅ローン、リフォーム等、失敗しない不動産を学びましょう

この記事の感想を教えてください。