はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、自営業の59歳独身女性。老後資金は2,200万円、年金は月額6万円という相談者。老後資金を増やしたいといいますが、今からでも打てる対策はあるのでしょうか。また、どれくらい老後資金を増やすことができるでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。


まもなく60歳の独身自営業です。現在、老後資金は現金で1,900万円と、投資で約300万円ほど貯めることができましたが、公的年金は65歳から年72万2,145円、月6万円ほどと、心もとない金額です。これでは老後の備えとして十分ではありませんよね? 少しでも老後資金を増やすためには今から何をすればよいでしょうか。投資もしたほうがよいでしょうか?

【相談者プロフィール】
・相談者:女性、59歳、自営業、独身
・住居の形態: 持ち家(マンション、関東地方、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:28万円
・ボーナス:なし
・毎月の世帯の支出の目安:28万8,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:2万1,000円
・食費: 4万1,000円
・水道光熱費:1万2,000円
・教育費:2万円
・保険料:5,000円
・通信費:5,000円
・お小遣い:3万円
・その他: 15万4,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:8万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,900万円
・現在の投資総額:294万円
・現在の負債総額:0円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。今回は、自営業の59歳独身の方からのご相談です。自営業の場合は厚生年金がないため、会社員や公務員の方と比べると老後の年金収入は少なくなってしまいます。一方で定年もないため、元気で働けるうちは収入を確保することが可能です。60歳近い自営業の方が、支出の削減、収入強化、年金強化、資産運用を通じて、どのような老後設計をすればいいかを一緒に考えたいと思います。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]