はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、夫と0歳の子どもと暮らす28歳専業主婦の女性。夫の給与だけで生活を始めて11カ月目ですが、毎月赤字気味とのこと。家計を改善させようとふるさと納税やつみたてNISAの活用を始めましたが、プロから見ると……? FPの秋山芳生氏がお答えします。


新婚の専業主婦です。夫の給料のみで生活して11カ月目。生活防衛費確保のため、330万円を貯めたいのですが、なかなか貯められません。むしろ、毎月ほぼ赤字になってしまいます。どうすればよいでしょうか。

子どもが0歳なので、私の仕事復帰は未定です。

少しでも節税したり、貯金を増やそうと、ふるさと納税を始めたり、私の貯金を切り崩してつみたてNISAも始めました。他にもやったほうがいい方法があればアドバイスください。

【相談者プロフィール】
・相談者:女性、28歳、専業主婦
・夫:29歳 ・子ども:0歳
・住居の形態:賃貸(近畿地方)
・毎月の世帯の手取り金額:27万5,000円
・年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
・毎月の世帯の支出の目安:25万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万5,000円
・食費:4万円
・水道光熱費:1万5,000円
・保険料:1万3,000円
・通信費:1万8,000円
・車両費:3万4,000円
・お小遣い:2万5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):40万円
・現在の投資総額:3万3,000円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。今回はお子さんがお一人のアラサー夫婦からのご相談です。ご主人のみの片働きでなかなか貯蓄が増えない中、つみたてNISA投資、ふるさと納税などのお得な制度をどのように利用していくべきかを一緒に考えていきましょう。

以下の順番で考察をお伝えしていきます。

1:家計の状態の洗い出しと課題の洗い出し
2:生活防衛費がなぜ必要か?
3:4つの袋(口座)を分けて整理する
4:つみたてNISAの正しいはじめかた

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]