はじめに

ビットコインの他に積立投資に向いている暗号資産は?

ビットコインの他に積立投資に向いている暗号資産では、時価総額2位のイーサリアムが挙げられます。イーサリアムは、ブロックチェーンを活用した分散型アプリケーション開発のプラットフォーム(以下、Dapps)として機能し、その上で取引を処理するための通貨として使われます。

今ではイーサリアムの上に数多くのDappsが作られており、Dapps情報サイトのダップレーダー上では3000以上のDappsが掲載されています。その中でも特に注目を集めているテーマが分散型金融(以下、DeFi)とノンファンジブルトークン(以下、NFT)です。

イーサリアム上での開発や取引が盛んになれば、イーサリアムの暗号資産としての価値も必然的に高まっていきます。図表2はイーサリアムのBTC建て価格およびドミナンスの、2020年以降の推移を示したチャートになります。DeFiやNFTが流行する中でイーサリアムのビットコインに対する価格と、暗号資産市場全体に占める時価総額の割合がともに上昇しています。

今後はイーサリアムの普及とともにDeFiやNFTの他にも様々なテーマのDappsが開発されていくことが予想されます。これに伴ってイーサリアムの価格も中長期的に上昇していくことが期待できるため、定期的に積み立てることで将来的には安定した利益を得ることができるかもしれません。

国内ではコインチェックやGMOコインなど暗号資産取引所を通じて暗号資産の積立投資を行うことができます。マーケットを毎日確認することなくビットコインやイーサリアムなどに中長期的に投資をしてみたいという方はご利用を検討してみると良いでしょう。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を

この記事の感想を教えてください。