はじめに

20代・30代の人でも「老後資金」が不安だと思っている人が8割以上います。

いまの20代とか30代の人は、まだ所得が低くてあまり貯蓄もできない。さらに将来においてもそれほど給与が上がると思えない人が多いので、余計に老後資金が心配になるのかも知れません。

このままいくと、それほど貯蓄ができなくて、年金の金額も少なく老後の生活が厳しくなるのかなという漠然とした不安かも知れません。

では、どうすればいいのか?と言うので、FP(ファイナンシャルプランナー)の答えでよくあるのが、「iDeCo(イデコ)」や「つみたてNISA」の利用です。これは間違いではありません。とても大切なことで税制優遇もあるので老後資金を作るのにももっとも適しています。でも私は、もっとよい方法があるのではと考えています。

今回は、老後の生活をよくする若い人の切り札を解説しましょう。


節約をして貯蓄は正しい!でも現状維持が続く?

20代・30代の老後資金を貯める記事や本を読むと、節約をしてその浮いたお金を、iDeCoやつみたてNISAで貯蓄をするという話が多いでしょう。たしかに、これは正解で、正しい考え方です。

しかし、節約して貯めてばかりでは、現状から抜け出せない。節約をするのはいいのですが、根本解決にならない。なんて思ってしまうのです。それなりの高額所得者であれば、ムダな支出を削っていくことは大きな意味を持ってきます。

しかし、所得が多くない人は、すでにかなりの節約をしながら生活をしているのではと思ってしまいます。そこから節約をしてひねり出すお金は、多くありません。

ならば、所得を上げるということを検討することが大切です。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ