はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、アメリカ在住の56歳独身、会社員の女性。できるだけ早く帰国して、リタイアしたいといいますが、可能でしょうか? また、帰国後にはどんな住まいを選ぶべきか、年金はどうなるのか、投資資産の現金化のタイミングなどはどうすればいいでしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。


現在アメリカで働いていますが。できるだけ早く退職し、帰国を考えています。帰国後はフルもしくはセミリタイア希望ですが、可能でしょうか。

日本の住居については所有のマンション売却金内(現在マーケット価格約5,000万円)で現金一括購入するか、もしくは相続する人もいないので保証人不要(UR等)の賃貸にするか迷っています。又現在投資の割合が高いので徐々に現金化するほうがいいかと思うものの、タイミングが掴めません。

【相談者プロフィール】
・女性、56歳、会社員、独身
・住居の形態:持ち家(マンション、アメリカ合衆国、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:40万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:昨年80万円(この先もあるかは不明)
・毎月の世帯の支出の目安:25万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9万円(管理費、保険・税含む)
・食費:6万円(外食費含む)
・水道光熱費:0(管理費に含まれている)
・通信費:1万2,000円 
・お小遣い:5万円(交際・理容・衣料費含む)
・その他:2万5,000円(日本への一時帰国費用、月割り)、1万円(家電、コンピューター等買い換え・月割)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:15万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
・現在の貯蓄総額:600万円
・現在の投資総額:7,800万円:(401K & IRA6,600万円。退職するとペナルティなしで引き出し可、投信信託・株1,200万円)
現在の負債総額:0円

【その他】
・老後資金:ソーシャルセキュリティー(シミュレーションによると今退職して67歳から受領の場合月約23万)
・厚生年金:20歳から約7年加入していたが受給資格・金額については未確認

飯田:今回は、アメリカで働いている相談者様です。できるだけ早く退職し、帰国後は完全もしくはセミリタイアを希望しているそうです。日本の住まいはアメリカの持ち家を売却して現金で一括購入するか、保証人不要(UR等)の賃貸にするか迷っているとのことです。その他、現在の資金構成上の投資に対する割合が高いため、現金化するタイミングに悩んでいるようです。相談者様の場合、住いはどのように考えればよいのか、投資を現金化するタイミングはいつなのかを考えていきます。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]