はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、30代半ばの共働き夫婦。現在、2,600万円、33年の住宅ローンが残っている住宅に住んでいますが、50代半ばに住み替えを希望しています。2歳と6歳の子供の教育費がこれからかかってくるなか、現実的に可能でしょうか? FPの渡邊裕介氏がお答えします。


30代半ばの夫婦です。2歳と6歳の子供がいます。

現在、2,610万円・33年のローンの支払いが残っていますが、50代後半には今の家を住み替えたいと思っています。教育費もまだまだ貯めないといけませんが、現実的に、住み替えは可能でしょうか?

また、その後の老後資金についても気になります。退職金はありますが、金額は不明。公的年金は夫婦二人で月額22万円です。

【相談者プロフィール】
・女性、36歳、公務員(看護師) ・夫:36歳、会社員(配送業)
・子どもの年齢:2歳、6歳
・お住まいの都道府県:神奈川県
・住居の形態:持ち家(マンション・関東地方)
・毎月の世帯の手取り金額:49万5,000円(妻時短勤務中25万円前後、夫24万5,000円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:150万円
・毎月の世帯の支出の目安:約30万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:10万6,000円
・食費:9万円
・水道光熱費:7,000円
・教育費:2万6,000円
・保険料:6,200円
・通信費:4,200円
・車両費:1万2,000円
・お小遣い:6万円
・その他:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:136万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):413万円
・現在の投資総額:276万円
・現在の負債総額:2,610万円(住宅ローン)

渡邊:こんにちは、ファイナンシャルプランナーの渡邊です。将来の住み替えのご相談です。現在36歳で、住み替え希望が50代後半とのことですので、ちょうど下のお子さまが大学を卒業する頃に、夫婦お二人で住めるようなコンパクトな住宅を考えていらっしゃるのでしょうか。現在返済している住宅ローンは69歳までの返済となっていますので、50代後半でどれくらいの残債があるのか、それを踏まえた上で住み替える為にはどういった準備をしていけばよいのか考えていきましょう。

[PR]不動産投資、住宅ローン、リフォーム等、不動産の"わからない"を自分で学んで判断できるように