はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、パートナーと同居中の40歳会社員の男性。現在は、現金で約260万円、株や投資信託などで約600万円の資産があり、毎月約10万円を投資信託と個人年金に積み立てているといいます。老後資金作りの方針に自信がないと言いますが、現状で問題ないでしょうか? FPの伊藤亮太氏がお答えします。


老後資金調達に向けて、今保有している資産を運用していますが、現状の方針でよいのか自信がありません。

40歳会社員、同性のパートナーと同居中です。

私の収入は、額面で月額42万円とボーナスが年1か月分。老後資金の準備として、毎月個人年金に2万1,000円、投資信託に8万円を積み立てています。パートナーは副業もしており、本業と合わせて月額50万円程度です。

現在の私の資産は、現金預金は260万円と、株・投資信託などが600万円強。ねんきんネットの試算によると、私の公的年金は月額14万3,000円程度。企業型確定拠出年金は月額8,000円で、退職金はありません。

このままの方針で老後は問題ないでしょうか?

【相談者プロフィール】
・男性、40歳、会社員 ・パートナー:会社員+副業
・住居の形態:賃貸(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:32万円(私のみ)
・年間の世帯の手取りボーナス額:25万円
・毎月の世帯の支出の目安:22万円

【毎月の支出の内訳】(私のみ)
・住居費:7万7,000円
・食費:5万2,000円
・水道光熱費:5,000円
・保険料:0円
・通信費:5,000円
・お小遣い:5万5,000円(衣服美容2万円、交際費2万5,000円、趣味娯楽1万円)
・その他:2万6,000円(健康医療1万1,000円、交通費1万円、日用品5,000円)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:個人年金2万1,000円、投資信託8万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):260万円
・現在の投資総額:株70万円、投資信託100万円、個人年金194万円(解約返戻金)、終身保険190万円(解約返戻金)、企業型DC44万円(評価額)、RS15万円(評価額)
・保険料:0円

伊藤:ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太です。回答させていただきます。

まず、老後資金について、おひとりで考えているのか、パートナーと一緒に生活をすることを前提に考えているのかで話は変わってきます。お二人の月収から見て、大きな支出さえなければ、老後資金は構築できるでしょう。

ここでは、相談者のプロフィールのみで検討していきますので、もしパートナーと一緒に検討したい場合はお二人の資産状況を確認し、問題ないかどうか検証してください。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ