はじめに

食品メーカーを中心に、各社からの値上げ発表が続いています。背景には世界的な原油価格の高止まりによる原材料費、製造費、物流費の高騰があります。

日本銀行が2022年4月7日に発表した、「生活意識に関するアンケート調査」(第89回<2022年3月調査>)によると、1年前と比べて現在の物価について質問したところ、「かなり上がった」「少し上がった」と回答した人が8割を超え、半年前の同調査より2割近く増えていました。続く値上げラッシュが家庭へ影響していることが伺えます。

以前、4月以降に値上げされる商品を紹介しましたが、改めて5月以降に値上がりする商品をまとめました。家計への影響を抑えるためにも、値上がりする商品を把握するのにお役立てください。


「からあげクン」が発売以来初となる価格改定

コンビニエンスストア・ローソンで販売されているホットスナック「からあげクン」が、1986年4月に発売以来36年間維持してきた税抜200円(税込価格は216円)から値上がりすることを発表しました。5月31日(火)より10%増となる税込238円に改定となります。

「からあげクン」は、定番の「レギュラー」「レッド」「北海道チーズ」「レモン味」のほか、ご当地メニューをアレンジした地域限定やアニメとのコラボなど、300種類を超えるフレーバーを展開してきたローソンの看板商品で、累計販売数が37億食を突破しています。品質向上のため2014年には原料の鶏むね肉を「国産若鶏むね肉100%」に、2018年には唐揚げ粉に使用している小麦粉を「国産小麦粉100%」に変更しており、原材料価格の高騰や包材・輸送コストなどの上昇を受け、今回の価格改定に踏み切ったようです。

このほか、「フライドフーズ」「まちかど厨房」「日配食品」の一部商品においても、税込価格でおよそ6%程度の価格改定を行う予定とのことです。

株式会社ローソン

「からあげクン」は今年で発売36年 5月31日(火)より、発売以来初となる価格改定

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ