はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、45歳会社員の男性。妻と娘と3人暮らしの相談者。少しでも効率よくお金を貯めたいので、毎月の余剰金を全て、iDeCo、つみたてNISA、アクティブファンドに投資して大丈夫か知りたいとのこと。相談者の家計の場合はどうなのでしょうか? FPの横山光昭氏がお答えします。


2年がかりで取り組む会社のあるプロジェクトに抜擢され、昨年から手取り収入が約15万円増えました。現在、妻(40歳)と娘(小3)と暮らしていますが、生活費は増えないように気を付け、収入がアップする前の40万円ほどを維持しています。

手取りが約65万円、生活費が約40万円なので、差額が25万円ほど出ています。あと1年ほどこの状況が続くので、余剰金はすべて投資に回していますが、これで大丈夫でしょうか。

娘には、中学を受験し、その後私立大学にエスカレーター式に進んでほしいと思っているので、もう少ししたら塾通いも始まります。支出が増えることがすでに分かっているので、金利が低く、なかなか増えない貯金をしていくよりも、投資で増やしていくべきではないかと思ったのです。

現在、貯金はしばらく増えていませんが約70万円。投資はiDeCo、つみたてNISAはもちろんのこと、少し増え方がよさそうなアクティブファンドにも積み立てています。今後のお金の貯め方について、もっと効率のよい方法はあるでしょうか。

【相談者プロフィール】
・男性、45歳、会社員 ・妻:40歳、専業主婦 ・娘:公立小学校3年生
・手取り収入:夫月収64万8,000円、年間ボーナス約150万円
・貯金額:約70万円、iDeCo約51万円、つみたてNISA約66万円
・総支出額:40万1,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(ローン):11万円
・食費(外食含む):7万3,000円
・水道光熱費:1万9,000円
・通信費(スマホ3台、ネット):1万5,000円
・生命保険料:2万3,000円
・日用品代:1万5,000円
・医療費:2,000円
・教育費(給食費・習い事):3万1,000円
・交通費 8,000円
・被服費:6,000円
・交際費:1万4,000円
・娯楽費:4,000円
・こづかい(夫のみ):5万円
・その他(理美容・サブスクなど):3万1,000円

横山:収入がアップしているので、毎月の余剰金は全額投資に回しているようですが、貯金額が少ないようです。最近は投資を過信して投資に偏ってしまう人も増えていますが、それは危険です。貯金と投資のバランスを考えて、お金を貯めることを考えるようにしたいものです。

[PR]お金の悩み無料相談!ライフプランを作成し、将来の不安に対して、無理のない対策をアドバイス!