未来の自分に向けた仕送りのために活用したいのが、節税しながら自分年金を創る仕組み「iDeCo」です。預金だけではダメな時代、資産形成は一日でも早く取り組むのが吉といえるでしょう。

国の制度であるiDeCoは金融機関を通じて申込みますが、気を付けたいポイントがいくつかあります。

今回はiDeCoについて、よくある質問を解説していきます。

続きを読む[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ