はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、25歳、会社員の女性。20代のうちに結婚し、子どもは2、3人欲しいと考える相談者。そのために資産運用に取り組んでいますが、このままでいいのかプロの意見が聞きたいそうです。FPの秋山芳生氏がお答えします。


現在社会人4年目、20代のうちに結婚したいのと、将来子どもを2〜3人希望しています。現時点のベストな資産運用についてアドバイスが欲しいです。

つみたてNISAは満額実施(月3万3,000円)、また持株会で積み立て(月2万2,000円、給与天引き)、残った余剰資金はある程度貯まったら米国ETFを購入しています。

また、もうすぐ企業年金制度がDBからDCに変わる予定です。iDeCoが気になっていますが、マッチング拠出の方が節税効果が高いでしょうか。運用成績に依存すると思いますが、どちらのほうがおすすめか、あるいはどちらもやらないという選択肢もあると思います。ご意見を伺いたいです。

また、いま契約している保険が本当に必要かもアドバイスいただきたいです。

【相談者プロフィール】
・女性、25歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(東海地方、同居家族なし)
・毎月の世帯の手取り金額:19万5,000円
・年間の世帯の手取りボーナス額:90万円
・毎月の世帯の支出の目安:15万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円(家賃8万5,000円ですが、給与天引きのため)
・食費:2万5,000円
・水道光熱費:1万円
・教育費:1万5,000円(英会話、書籍購入等)
・保険料:1万8,000円(貯蓄型ドル建終身保険1万3,000円程度、残りは医療保険とガン保険)
・通信費:6,000円(スマホ、放送視聴料)
・その他:交際費 3万、服・美容 2万5,000円、日用品 1万、歯科矯正 8,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0円(給与振込時は貯金しても、じきに投資に回す)
・ボーナスからの年間貯蓄額:70万円
・現在の貯蓄総額:120万円(100万円を目安にしており、超えた分は投資用と考えています)
・現在の投資総額:340万円(つみたてNISA含む投信130万円、自社株140万円、米国ETF70万円)
・現在の負債総額:0円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼 FP YouTuberの秋山芳生です。今回の相談者様は、25歳の社会人4年目の女性です。全体的に支出が少なく、貯蓄や資産形成もしっかりできています。

余剰資金を運用するにあたり、つみたてNISA、会社の持株会、iDeCo/企業型確定拠出年金、特定口座でのETF購入などさまざまな手段があるので、ライフプランを見据えた上で、どのようにしていくのがよいかを一緒に考えていきたいと思います。

[PR]お金の悩み無料相談!ライフプランを作成し、将来の不安に対して、無理のない対策をアドバイス!