はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、夫が役員を務める会社に勤務する28歳の女性。一年後に第二子を希望しており、子どもが望めば私立医薬学部まで行かせてあげたいと考えています。さらに、4,000万円のマイホーム購入を検討中。マネープランは現実的でしょうか? FPの横田健一氏がお答えします。


マイホームの購入を検討しています。土地建物含めて4,000万円のローンを組み返済していきたいと思っていますが、カツカツのローン地獄に陥ることは避けたいです。

1年後に子どもをもう1人欲しいと思っています。共働きとなっていますが、夫は会社役員で、私も夫の会社で役員として手伝いをしています。夫の仕事柄交際費が嵩むため、毎月の小遣いは多めに設定しています。

ローンが嫌いなため賃貸一筋でしたが、子どもが大きくなってきたため広いマイホームでのびのび遊ばせてあげたいと考えています。子どもは高校までは公立でいいかとも思いますが、大学は私立や医薬学部などであっても行きたいところに行かせてあげられるよう蓄えたいです。

【相談者プロフィール】
・女性、28歳、自営業
・家族:夫26歳、子ども2歳
・住居の形態:賃貸(北海道)
・毎月の世帯の手取り金額:45万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:200万円
・毎月の世帯の支出の目安:26万6,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万円
・食費:5万円
・水道光熱費:3万円
・教育費:1万円
・保険料:1万3,000円
・通信費:3,000円
・お小遣い:8万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:12万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):500万円
・現在の投資総額:600万円
・現在の負債総額:0円

横田:ご相談頂きましてありがとうございます。株式会社ウェルスペントのファイナンシャルプランナー、横田健一です。

来年にもう一人お子様が生まれるという前提で、4,000万円のマイホームを購入しても問題ないかどうか、というご相談ですね。お子様は医薬学部も含めて考えていきたいということですね。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]