はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、2人の子どもと同い年のパートの妻と暮らす44歳会社員の男性。転職により収入が4分の3ほどに減ってしまう見込みという相談者。二人の教育費と住宅ローンの繰り上げ返済の計画についてアドバイスがほしいと言いますが…。FPの渡邊裕介氏がお答えします。


転職により収入が25%程下がる見込みです。以下2点が悩みです。

(1)こども2人の教育費として、あと2,000万は必要と考えているが、不足か十分かわからない。

(2)住宅ローンについて。控除が終わる10年で繰り上げ返済していったほうが良いか。住宅ローンは、残債2,100万円。借入額は2,500万円、返済期間35年(残り29年)、返済金利は10年間0.95%、11年目以降は1.55%です。

アドバイスよろしくお願いいたします。

【相談者プロフィール】
・男性、44歳、会社員
・家族:妻44歳(パート)、子ども2人(8歳、4歳)
・住居の形態:持ち家(戸建て、東海地方)
・毎月の世帯の手取り金額:36万5,000円(夫26万5,000円、妻10万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
・毎月の世帯の支出の目安:24万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:6万9,900円
・食費:6万円
・水道光熱費:1万2,000円
・教育費:3万7,000円
・保険料:8,000円
・通信費:1万円
・車両費:1万5,000円
・お小遣い:1万5,000円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:40万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):3,000万円
・現在の投資総額:2,000万円
・現在の負債総額:2,100万円(住宅ローン残債)

渡邊:こんにちは、ファイナンシャルプランナーの渡邊裕介です。今回は、教育費準備および住宅ローンの繰り上げ返済のご相談です。今後、転職により収入が下がることが予想されるなかで、どのように教育費や住宅ローンの繰り上げ返済について考えていけば良いのでしょうか。一つずつ整理しながらみていきましょう。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]