はじめに

経済危機が去った後には景気回復が続き、そこにはビジネスチャンスが生まれます。この経済の流れは、どのような周期で訪れるのでしょうか?

そこで、経済評論家・上念 司( @smith796000 )氏の著書『誰も教えてくれなかった 金持ちになるための濃ゆい理論』(扶桑社)より、一部を抜粋・編集して経済サイクルについて解説します。


逆張りでピンチをチャンスに

世の中全体がピンチの時はむしろチャンスです。成功した人はみんなそう言います。

しかし、実際には世の中と一緒に自分もピンチになってしまう人が大多数です。例えば、バブル崩壊やリーマンショックの時に、損した人のほうが得した人よりも圧倒的に多かった。大多数はあんな経済ショックが一気に来るとは予想していなかったのです。

みんながピンチの時に、自分もピンチになっていたら、ビジネスでの成功は覚束ない。みんなが慌てふためいている時こそ、あなたは逆にドーンとリスクを取って、大きく飛躍するべきです。これが世にいう「逆張り」というやつです。

格闘技において、相手のカウンターを取る技は効果てきめんです。なぜなら、自分が攻撃する力と相手が向かってくる力が合計されて威力が倍増するからです。ビジネスにおいても、経済危機で周りが下がっていく中で、自分一人が上がっていけたらまさに成功も2倍。実際にソフトバンクや楽天などの企業は、日本がデフレに陥って以降に伸びてきた会社です。競合他社が経済危機に恐れおののいてリスクが取れない時に、敢えてリスクを取ってきたのがこれらの会社と言えるでしょう。まさに「ナイトの不確実性」における、真の不確実性へのチャレンジでした。まさか、ソフトバンクと楽天が携帯電話会社になるなど、1990年代には全く想像できませんでした。

コロナショックすらチャンスに変えた星野リゾート

現在、世界経済の大きな重石になっているコロナショックですら、チャンスに変えている人たちがいます。例えば、全滅したかに思えた旅行業界において、目立っているのが星野リゾートです。

皆さんは「ワーケーション」という言葉をご存知でしょうか? ワーケーションとは労働(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた造語です。大まかなイメージは主に観光地やリゾート地でリモートワークしながら、同時に休暇も楽しむことです。職住近接ならぬ、「職遊近接」。まだふわっとした定義しかありませんが、「働きながら休暇をとる過ごし方」の総称として定着しつつあります。新型コロナウイルスのパンデミックによって、リモートワークできる人はなるべく会社に来ないという働き方が定着しました。これまでのような出社が主で、在宅勤務が従という考え方は根本的に変わりました。そして、後戻りも難しいのではないかと思います。

星野リゾートはワーケーションに目を付け、おそらく最初にワーケーションのインフラを提供するホテルとして大々的に宣伝を開始しました。公式ホームページには次のように書いてあります。

新たな生活様式の中で注目が集まる「ワーケーション」。リゾートホテルや温泉旅館、大自然に囲まれた非日常の空間から都市型ホテルまで、さまざまな施設を運営する星野リゾートでは、それぞれのフィールドを活かしたワーケーションの楽しみ方を提案します。共通するのは、仕事に集中できる環境をしっかり整えることと仕事から解放され、リフレッシュできるリゾート時間を提供することです。1泊での利用はもちろん、テレワークが一般化した今だからこそ、3泊、5泊と連泊をして日中は仕事、夜はリゾートという滞在を楽しんではいかがでしょうか。星野リゾートでは連泊でお得に宿泊できる割引プラン、さらに心地よいワークスペースや、気分転換に最適な食やアクティビティを用意しています。それぞれの施設で様々な個性豊かな滞在を楽しめます。仕事にも集中でき、リゾートも満喫できる旅を紹介します。
参考:【星野リゾート】ワークを充実、バケーションを満喫! 連泊滞在でお得に 星野リゾートの「ワーケーション」 星野リゾート公式HP(2020年7月31日) https://www.hoshinoresorts.com/information/release/2020/07/98030.html

例えば、「憧れのリモート書斎プラン:星野リゾート OMO7旭川」というプランの場合、通常15泊は12万円以上かかりますが、この宿泊プランの場合4万5000円〜とかなりお得です。「まるで旭川に書斎ができたような感覚で、OMO7旭川で仕事に集中してもよし、テレワークをしながら休日は地域の観光をしてもよし」だそうです。星野リゾート・星野佳路代表は2020年7月28日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)にて次のように述べています。

クールビズというのが出てきた時も、同じような議論があったと思いますが、だんだんネクタイをしている方が減ってきています。このワーケーションも、実はコロナ期の前から少しずつ増え始めていて、これがきっかけになって一気に観光地・リゾート地側で環境をしっかり整備されてくると、私はじわじわ増えていくと思っています。コロナの時期にテレワークが出勤として認められるという大変革が、コロナ後についても観光には大きなインパクトを与える一つになると思っています。
仕事しながらバカンス?政府推奨「ワーケーション」って何?コロナ禍での働き方を星野リゾート星野佳路代表に聞く! FNNプライムオンライン(2020年7月28日) https://www.fnn.jp/articles/-/67711

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を