はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、40歳、会社員の女性。同い年の夫と2人の子どもと暮らす相談者。子ども2人を中学受験させつつ、マンションの購入を考えていますが、夫がローンを組むことができないため、相談者1人でローンを組むことになりそうとのこと。住宅はいくらに抑えるべきでしょうか? FPの山本節子氏がお答えします。


子ども2人を中学受験させつつ、マンションの購入を考えています。夫が債務整理をしたためローンを組むことが難しく、妻の私が組むことになります。現実的にいくらまでのマンション価格を望めるかお聞きしたいです。

今の住宅は家族所有のため。低価格で住んでいますが、夫と私両方ともにリモートワークで、また今後子どもたちに部屋を与えたいこともあり、引っ越しを考えています。

過去夫の借金が発覚し、債務整理を行いました。今まで家計管理を行なってきませんでしたが、それを機に私が管理することになりました。幸い返済は順調で、今年中には完済予定です。

住宅を購入するとなると、私一人でローンを組むことになりますが、私の年収だけで決めるべきか、夫の収入もあてにしてよいのかも悩んでいます。

上の子は中学受験に向けて塾通いも始まっています。下の子はまだ受験自体考えていませんが、本人が希望すれば同じように塾に通う予定です。

購入希望のマンションは子どもたちが巣立った後売れるようにリセールバリューのある物件を検討しています。そうすると価格も上がる可能性があり、現実的にどのくらいのローンを組むべきか決めかねています。

どうぞよろしくお願い致します。

【相談者プロフィール】
・女性、40歳、会社員
・家族:夫40歳(正社員)、娘 8歳(小学3年生)、娘 5歳(保育園年長)
・住居の形態:賃貸(神奈川県)
・毎月の世帯の手取り金額:85万円(夫45万)
・年間の世帯の手取りボーナス額:0円
・毎月の世帯の支出の目安:50万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:5万円
・食費:15万円
・水道光熱費:2万8,000円
・教育費:7万円
・保険料:3万8,000円
・通信費:1万円
・車両費:1万5,000円
・お小遣い:8万円
・その他:7万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:23万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):340万円
・現在の投資総額:800万円
・現在の負債総額:130万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:0

山本:過去の夫の借金が発覚して債務整理を行ったとのこと、これまで大変でしたね。しかしそれをキッカケに妻が家計管理を始めて今年中に完済予定とは素晴らしいです。今後お子さんの中学受験を準備しつつマンション購入をご希望とのこと。その考え方と手順を具体的に見ていきましょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[MF]