はじめに

勤続3年以上の正社員・公務員が選ぶローンは?

A.とても借りやすいので、条件のいい人は最大割引を目指しましょう。

金融機関にとって住宅ローンを一番借りてほしい人たちです。金融機関からしてみれば、住宅ローンというのはかなり長期にわたる商品です。借入本人が仕事を頑張っていたとしても、勤務先が潰れたり、安定していないと返済できなくなる可能性が高くなりますよね。ですから、 大企業にお勤めの方や公務員は大歓迎されます。 お金を持っていそうな個人事業の社長より芸能人より優遇されます。

ですから遠慮なく 最優遇金利やいい条件を金融機関から引き出してください。 もちろん不動産会社の担当も同じ感覚なので、親身になってくれるはずです。しかし、中には面倒くさがって複数の金融機関を当たらなかったり、自己都合で特定の金融機関に紹介して進めてしまう場合もあります。

とはいってもプロに任せるのが楽ですので、担当者の意見をまずは聞いて、疑問を感じたら、自分でも団体信用生命保険の条件も含めて、最もいい条件を探して相談してみましょう。

【一番お得に借りられるケース】

Q.転職して間がないのですが、住宅ローンを借りられますか?

A.年数と収入によります。相談してみましょう。

住宅ローンは前述の通り長期にわたるローンなので、金融機関からすると勤務先が倒産するなどのリスクを避けたいと同時に、会社を退社するリスクも考えなければなりません。ですから単純に長期で同じ会社に勤めている方を好みます。

ただ、日本も終身雇用制度の昭和の時代から変化してきていますので、転職したばかりだから絶対にローンが借入できないということはありません。昔は勤続3年以上でなければ借り入れは難しかったのですが、今は勤続1年以上で審査対象には入ると思っていただいていいと思います。ただし、審査の基本は所得の証明書なので、その年収が今の会社のものでなく、以前の会社のものとなる場合は審査しにくくなります。

少なくとも 現在勤めている会社の収入証明書(毎月の給与証明書など)が取れれば、1年丸々なくても、毎月の給料明細から収入が予測できて審査が通る場合もあります。 不動産会社の担当者に相談してみましょう。

しかし、基本的には3年以上(最低1年以上) の勤続年数はほしいところなので、もし転職を考えているならば、家族とタイミングを相談し、住宅購入しておいたほうがいいと思ったら、購入してから転職や独立をしたほうがいいと思います。

【勤務年数によるポイント】

「安くなるかは無料で診断」固定費の見直しは光回線から!早くて安いマネーフォワード光[by MoneyForward]