はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、32歳、会社員の男性。未成年の頃からFIREに憧れ、32歳にして8,500万円の資産を築いた相談者。いつ実行するかを悩んでいると言いますが、FPのアドバイスは? FPの秋山芳生氏がお答えします。


FIRE(アーリーリタイア)したいしたいです。

未成年のころからFIREを想定して株式を中心に運用してきました。「30歳までには仕事を一度辞める」という目標をもって大学卒業後に就職し、実際に一度会社へ退職の申し出をしましたが、引き留めにあい、また私自身も将来への不安から仕事を継続して今に至ります。

FIREへの強い想いはまだあるので、あとはいつ実行するかを悶々と悩んでいます。ご相談に乗って頂けると幸いです。なお、支出「その他」は、旅行や趣味の費用です。

【相談者プロフィール】
・性別:男性、32歳、会社員、独身
・実家で両親・妹と同居。母(会社員・月収30万円)妹(会社員・月収40万円)父(リタイア済み)です。健康状態は問題なし。
・住居の形態:親の家で同居(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:50万円
・年間の世帯の手取りボーナス額: 80万円
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:3万円
・食費: 5万円
・水道光熱費:-円
・教育費:-円
・保険料:-円
・通信費:5,000円
・車両費:-円
・お小遣い:-円
・その他:11万5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額: 30万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない): 1,000万円
・現在の投資総額: 7,500万円
・現在の負債総額:0円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。今回の相談者さまは、アーリーリタイア(FIRE)を希望している32歳の独身男性です。32歳の若さで、7,500万円の運用資産に加え、1000万円の現金貯蓄があるので、総資産は8,500万円。アーリーリタイアは夢物語ではなく実現性が高いように思いますが、いまいち踏み切ることができないようです。FIRE実現に向けて色々な不安を洗い出し、実行するために考えなければいけないことを一緒に整理していきたいと思います。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[MF]