はじめに

「相見積りはしたほうがよいのでしょうか?」

見積りの比較は難しい

見積りで工事の「質」はわからない

同じ工事でも、見積りに差が出ることがあります。何が違うのか、一言で言えば私は工事の「質」だと考えています。

商品に大差はなくても工事の「質」はリフォーム会社によって大きく変わります。お客様の中には数社の会社に見積りを依頼して満足されている方がいらっしゃいますが、リフォームの場合は相見積りをしても比較が難しくほとんど意味がありません。なぜなら工事の「質」は見積りではわからないからです。

場合によっては現場も見ないで、お客様からメールで受け取った写真のみで見積りを出す会社もありますが、これは正しい見積りとは言えません。 相見積りは、同一条件・同一材料・工期も同じもので比較しなければ無意味です。

しかしながら、そうでないことがほとんどです。これは相見積りではありません。結局は総額のみで判断される方が多いのが実情です。

見積書をきちんと理解できる方なら、見積り先の会社に質問をして、きちんと答えられる会社であるか判断するのはよいと思います。しかし経験上、内容をきちんと把握できる方は少ないです。

それならば数社に相見積りを依頼するより、その数社の会社を調べたほうがよいと思います。ご近所で工事をされた方に聞く、取引銀行に聞く、あるいは住宅設備メーカーのショールームで聞くのもおすすめです。そのとき、聞き方を工夫したり会社のイメージを自分なりに咀嚼して、金額ではない安心を買うつもりで質問をするとよいでしょう。

金額以外の部分を判断材料にベストと思える一社に工事を依頼すれば、きっとよいリフォームができると思います。そんな相見積りなら大歓迎です。

収入はあるのになぜかお金がたまらない…無料FP相談で不安を解消しましょう![by MoneyForward]