<PR>新電力に切替えで「マネーフォワード ME」のプレミアム機能が無料!

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、30代前半のフルタイムで働く共働き主婦。独身の頃に浪費体質だったためか、大型出費が重なり年間貯蓄額が減ると不安に。どうしたらやりくり上手になれるのか、FPのたけやきみこ氏がお答えします。

夫婦フルタイムの共働き家庭です。家族の大きな行事や旅行のない年は年間200万円ほど貯蓄ができています。しかし、車2台分の車検や、2年に1度の賃貸の更新など、お金がかかるタイミングが重なると年間貯蓄額が130万円ほどになってしまいます。結婚前は浪費体質で、貯金は50万円程度しかありませんでした。家計をうまくやりくりする方法と、今後マイホームの購入ができるのか知りたいです。よろしくお願いします。


〈相談者プロフィール〉
・女性、30代前半、既婚(夫:40代前半)、子供2人(9歳、1歳)
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:45万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
・毎月の世帯の支出目安:32万~35万円


【支出の内訳】
・住居費:7万円
・食費:5万円
・水道光熱費:2~3万円
・教育費:6.3万円(保育園、学童など)
・保険料:3.6万円(うち学資保険2万円)
・通信費:1.5万円
・車両費:3万円(2台分、通勤に使用)
・小遣い:3万円
・その他:2万円(レジャー、日用品代など)


・毎月の貯蓄額:10万円
・現在の貯蓄総額:900万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ